痒いところに手が届くのが一番のマーケティングだ

よくマーケティングに対する誤解を持っている。 マーケティングは広報に長けていて、品物をよく売ることだと知っている。 それがビッグビジネスであれ、小さなビジネスであれ、目的は商品やサービスを売って収益を上げることだ。 それで自分の製品とサービスが良いということを積極的に広報する。



正しい言葉だ。しかし、マーケティングを上手くできる方法は華やかな弁舌と文章、キーワードを探す特別な技術でもなく、たった一つ本当に一つの技術だけあればいい。 まさに「易地思之(立場を変えて考えること)」の考えだ。



誰でも簡単に言えるが、「易地思之」の精神を実践することは決して容易なことではない。

相手の立場と考えを理解することがなぜ重要なのか? 健康食品を買うために売場に立ち寄った。 店員が近づいてきて、「この製品がどうのこうのと、やたらに説明すると頭が複雑になる。 そんな時、紅参製品を買いたいと思った私の気持ちを察して、探そうとするその製品に関してさえ話せば、まさに私が探していた情報なので、よりよく聞いてその製品を購入することになる。



もちろんそのためには自分がどの方向に関心があるのか販売者が私を注意深く観察する必要があるだろう。

普通の人が売場を訪れると、二つのタイプがある。 구글상위노출 一つは店員に行って探し物の場所を尋ねることだ。 第二に、私が探している物の売り場に直接行く。 店員に尋ねる顧客は、自分が探している物が正確にある場合がほとんどで、二番目の類型は正確ではないが、その物の範疇に適した物を探すのだ。

2つのタイプに応じた異なるマーケティングが戦略を練る必要があるだろう。



しかし、それよりも重要なことがある。 お客様の気持ちや状況を把握することだ。 品物を売るより顧客に先に好感を持ってこそ、警戒心を崩して販売する人と話をすることができる。 それでこそ購買転換が行われる。

先日、賃貸をする住宅に洗濯機と乾燥機まで、5Gインターネットまで設置してセッティングしたが、よく出なかった。

部屋を見に来たが、選ばない客に聞いた。

“どの部分が不足だったんですか? 補完をしようと思って」すでに選択をあきらめた人なので正直に短所を話す。

テレビがなく、厨房の換気システムが弱いということだ。

厨房換気システムは高い仕様に変えることにし、テレビは私がテレビを見ず、必要ならばコンピューターで検索できるので、テレビの必要性をあまり感じなかった。 それは賃借人が買うべきではないかと思った。



ところが、立場を変えて考えると、テレビは必須アイテムなのだ。 もちろん、他の顧客には必要でないかも知れない。 モデルルームに素敵な家具や家電製品が設置された理由も同じだろう。 人の飾りの状態を見て人は決める。 壁掛けテレビをすぐ設置することにした。


オフラインショップでは顧客の身振りと行動、言葉遣いと雰囲気を把握し、感覚的に顧客の観点で理解することができるが、オンラインではどうすればよいか? 不特定の顧客を相手に文章を書き、自分の商品やサービスを売らなければならない状況であれば、何が最も効果的だろう?



キーワードをよく使って検索に引っかかるようにし(上位露出)、写真のイメージを見事にアップさせ、詳細な文章を書いて潜在顧客が選択できるようにするという戦略だ。 いい方法だ。 さらにさらに効果的なことは、潜在顧客の立場から考えて、痒いところに手が届くことが一番のマーケティングだ。 口にするのは簡単だが、決して簡単ではない。



「私が製品を売るのではなく、顧客が製品を買っていくという考えと、自分が顧客になって自分の製品を選択したいのか」に対する深い悩みがあるとすれば、顧客に対して考え始めたのだ。


派手な文章ではなく、率直で好感が持てる文章と、購買者の観点から分析して背中を掻いてくれる情報を通じて共感を得れば、それが購買転換をもたらすオンラインの言葉であり、コンテンツになるだろう。

「易地思之(立場を変えて考えること)」の立場で考えて行動してマーケティングすれば、きっと私だけの特別なマーケティングコンテンツを見つけることができるだろう。

에 발행했습니다
Uncategorized(으)로 분류되었습니다

댓글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다