基礎代謝量は筋肉が多いほど高くなる

年をとれば筋肉量が減るが、これを老化による自然な現象にノァドォトダガン健康上の問題が生じる可能性があり、注意が必要である。筋肉量が不足し、筋減少症が生じた場合、骨や関節に無理が行って軟骨損傷や関節炎のリスクが大きくなり、活動量も減り、糖尿病・高血圧・異常止血症などの慢性疾患にかかる可能性も大きい。したがって、自分の年齢に合わせて筋肉量を維持することが重要、もしかしたら自分が「筋減少症」ではないか確認する必要がある。

筋減少症は、子牛を手で覆う「指リングテスト」と診断することができる。東京大学老人医学研究所が開発した方法で、自分のふくらはぎの中で最も太い部位を両方親指と人差し指をそれぞれ対向広い円(指輪)を作って包み込む。この時、フィンガーリングがふくらはぎの周囲よりも大きくだぶだぶにスペースが残る筋減少症を疑う。東京大学老人医学研究所によると、강남안마 ふくらはぎがフィンガーリングより太い人に比べてフィンガーリングがぴったりの人は、筋減少症のリスクが2.4倍、フィンガーリングがふくらはぎよりも大きい人は、筋減少症のリスクが6.6倍高い。

茎などのツールでふくらはぎの周囲を測って筋減少症なのか把握することもできる。慶熙大病院家庭医学科院長ウォン・キム・ソニョン教授チームが国内の高齢者657人を対象に実験した結果、全身の筋肉量はふくらはぎの周囲に比例する傾向があり、筋減少症と診断された患者82%のふくらはぎの周囲が32cm未満であった。したがって、65歳以上で筋減少症である可能性が大きく、キーや性別に関係なくふくらはぎの周囲が32cm未満であれば、筋減少症を疑ってみなければならない。

体重を減らすためには筋肉量を増やさなければならないという常識のように知られていますが、筋肉量を増やすことは体重減少に大きな効果がないという反論もあります。筋肉量を増やしても基礎代謝量の増加幅が微々たるという説明だ。

基礎代謝量は、呼吸、適正体温維持など、私たちの体が生命を維持するために使用されるエネルギーである。基礎代謝量が高い体内で消費するエネルギーが多く、少し運動しても肉が簡単に落ち、同じ量の食べ物を食べても肉が少ない蒸す。

専門家は、筋肉がより多くなるにつれて、基礎代謝量が増加するが、筋肉が消費する基礎代謝量はそれほど大きくないと説明している。365mc病院ソジェウォン病院長は「一般的に運動に増やすことができる筋肉は1kg程度、1kgの筋肉が消費する基礎代謝量は13kcalレベル」とし「ご飯た空気のカロリーが約300kcal程度であることを考慮すると、微々たる数値」と述べた。

また、体重を減らしながら筋肉量を増やすことも容易ではない。女性を対象に行った多くの研究結果によると、体重減少と同時に筋肉量を増やすには、ほとんどが失敗したことが分かった。立って病院長は「有酸素運動や筋力運動を定期的にすると、ダイエット中に発生する可能性のある筋肉の損失を防ぐことはできるが、体重を減らしながら筋肉量を増やすのは難しい」とし「ダイエットをするときは、筋肉量を増やすよりも、筋肉の損失を最小限に抑えるために集中しなければならない」と助言した。

ダイエット中の筋肉の損失を減らしたい場合は、規則的な運動も重要だが、適切な栄養摂取がより重要であると指摘だ。低カロリーの食事を維持していると、タンパク質やビタミンなどの筋肉機能の維持に役立つ栄養素を逃しやすいからである。立って病院長は「カロリーを極度に制限すると、筋肉量と体水分を中心に抜け基礎代謝量が減少して太る体質に変わるので、筋肉量を維持しながら、健康的な食事をしたい場合は、様々な栄養素をまんべんなく食べて、通常よりもカロリーを500〜1000kcal少なく摂取することが望ましい」とし「タンパク質は、肉や魚の完全タンパク質で摂取するが、 過剰摂取して体に脂肪に備蓄されないようにした食タンパク質の摂取量が30gを超えないようにしなければならない」と説明した。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다